蛇口の水のトラブルを自分で解決

水のトラブルの中でも、多くの人が修理を考えるところは蛇口でしょう。実際に構造を知っていれば、交換することで解決できることもあります。しかし、勘違いをしてはいけないのは、パッキンを交換すれば蛇口は直ると思い込んでしまうことです。構造の違いから、パッキンの交換だけでは直らないことも出てきます。

■パッキンで直るタイプの蛇口

蛇口には2つの種類があります。一般的なのは、ツーバルブ水栓です。お湯と水のハンドルがついており、これを回して量や温度を調節するタイプです。よく見かけられるタイプであり、構造的には単純なものとなっています。
ハンドルもキャップを外せばビスが見えてくるようになるため、これを外していくと、内部にパッキン抑えとパッキン、スピンドル、コマ、ナットの順番で重ねてあることが分かります。順番に外して交換をすれば、かなりの確率で修理をすることができます。

■カートリッジの交換が必要なワンレバー混合栓

パッキンではなく、カートリッジを交換しなければいけないのが、ワンレバー混合栓です。このタイプはレバーが1本しかありません。マンションなどで多く使われていますが、上から化粧ナット、リング、バルブカートリッジという構造です。カートリッジ抑えがありますが、この下のバルブカートリッジを交換しなければ直りません。
修理を依頼したとき、金額が合わないと思ってしまうこともあるでしょう。しかし、構造が根本から異なるのですから、当然かかる費用も違います。パッキンのように安価ではないため、費用に差が出ることを理解しておくべきです。

■まとめ
知識不足から勘違いが起こりやすい部分でもありますが、修理はどれも同じというわけではありません。蛇口の修理は難しい部分とは言えませんが、構造を把握したうえで、自分のところの部品の形状などをしっかりと判断して修理をすることが水のトラブルの解決につながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ