洗濯機の水のトラブルは原因を探すところから

水を使う場所はいろいろとありますが、洗濯機はトイレと並んで大量の水を消費します。ここから水漏れを起こしてしまえば、大参事になるでしょう。水のトラブルとしても、大きな事態になってきてしまいます。構造について考えてみると、複雑ではない原因が見え隠れしているところが重要です。

■洗濯機の構造と水の流れ

洗濯機から水が漏れてきていることが確認できた場合、まずは元栓を締めます。水道の蛇口も締めて、これ以上供給できないようにしておくことがスタートです。元栓を締めるのは、洗濯機ではなく蛇口から漏れている恐れもあるからです。確実に被害を抑えられるので、すべて締めてしまうことが大切です。
その後水漏れの原因を追いかけていくことになりますが、洗濯機は水が供給されると、洗濯に使った水を下部にある排水ホースを使って排出します。これが基本的な構造で、排水として流すようになっているところが注目するべき点です。水のトラブルが発生した時は、排水のどこに問題があるのかを特定することが必要です。

■本体の問題は購入したところに相談

排水ホースが接続されている構造の場合、基本的にこの箇所に問題が発生しやすくなります。パーツの劣化は起こりやすいものです。さらに排水側に問題が生じている場合もあるでしょう。原因を特定することはそこまで難しいことではなく、実際に分かると対処もできるようになっています。特にホースの問題は交換してしまえば済んでしまう内容です。
しかし、洗濯機本体に問題が生じていることもあり、交換をしようと思ってもかなり難しい状況となることもあるので、本体の異常であれば購入したところに修理を依頼することが基本です。

■まとめ
洗濯機のトラブルは、生活する中で起きる可能性が高い部分です。水のトラブルが起きると、大きな損害を出してしまうこともあるでしょう。何か異変があると感じた時には、早めに対応できるようにしておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ